« シングルは養子を取れるか | トップページ | フォガッツァーロの日記、公開 »

2011年2月20日 (日)

クイリナーレ宮で自筆稿の展示

Francesco_de_sanctis_ritratto
2月22日からクイリナーレ宮で、イタリア文学の傑作の自筆原稿の展示が始まる(2月16日、Corriere della Sera).

デ・サンクティス基金の監修による展示会で、デ・サンクティス(1817−1883)に愛された作家が選ばれている。

ボッカッチョの『デカメロン』やルドヴィーコ・アリオストの『オルランド・フリオーソ』、トルクヮート・タッソの『征服されたイェルサレム』、ジャーコモ・レオパルディの詩「無限」、アレッサンドロ・マンゾーニの『いいなづけ』などの原稿が展示される。

|

« シングルは養子を取れるか | トップページ | フォガッツァーロの日記、公開 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/50908646

この記事へのトラックバック一覧です: クイリナーレ宮で自筆稿の展示:

« シングルは養子を取れるか | トップページ | フォガッツァーロの日記、公開 »