« 給与補填者の数が減少 | トップページ | フィアットは4カ所に司令塔を持つだろう »

2011年2月 8日 (火)

サレルノ転換の謎が明かされた

Togliatti トリアッティのサレルノ転換(svolta di Salerno) の秘密を明かす本が出版された(2月5日、Corriere della Sera).

マルコ・クレメンティ著『同盟者スターリン L'alleato Stalin』(リッツォリ、395ページ、20ユーロ)。

従来は、ソ連から1944年3月に帰国したパルミーロ・トリアッティの決断、すなわちバドリオ政権を認め、ヴィットリオ・エマヌエーレ3世の存在(王政)を容認することは、イタリア式社会主義の第一歩とされていた。

しかしその影には、1943年11月から1946年11月まで外務省の長官だったレナート・プルナスがいた。プルナスは1944年1月12日ひそかにスターリンが派遣したアンドレイ・ヴィシンスキーと会って、バドリオ政権の承認を求めた。

ソ連はバドリオ政権を3月13日に承認している。プルナスはイタリア共産党の路線転換の必要性を説いた。

クレメンティの考えでは、イタリア共産党の決断は二次的なもので、イタリア政府(バドリオ政権)とスターリンの利害関係の一致がサレルノ転換をもたらしたのである。

|

« 給与補填者の数が減少 | トップページ | フィアットは4カ所に司令塔を持つだろう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/50798195

この記事へのトラックバック一覧です: サレルノ転換の謎が明かされた:

« 給与補填者の数が減少 | トップページ | フィアットは4カ所に司令塔を持つだろう »