« ベニーニ、サンレモで国歌を歌う | トップページ | 早期の選挙望む人が増える »

2011年2月22日 (火)

モンターレ没後30年

2435d5c32bd060bf3063bc184215f458
詩人エウジェニオ・モンターレは没後30年を迎えた(2月18日、Corriere della Sera).

モンターレの訳者で Farrar, Straus and Giroux の編集者でもあるジョナサン・ガラッシは、「モンターレはボードレールやヴァレリや T.S. エリオットといったレベルの詩人です。決して忘れられるべきでない偉大な詩人の一人です」

しかし没後30年、アメリカではモンターレは忘れられかけている。1960年代、70年代には、ロバート・ローウェルのようにモンターレを模倣する詩人もいたのだ。ローウェルばかりでなく、チャールズ・ライトやマーク・ストランドに対する影響も無視できない。

ガラッシはモンターレ晩年の詩を翻訳中とのこと。

|

« ベニーニ、サンレモで国歌を歌う | トップページ | 早期の選挙望む人が増える »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/50922609

この記事へのトラックバック一覧です: モンターレ没後30年:

« ベニーニ、サンレモで国歌を歌う | トップページ | 早期の選挙望む人が増える »