« シングルマザーの世代 | トップページ | チェーザレ・バッティスティ事件 »

2011年1月 1日 (土)

ラファエッロの聖母子の背後に風景が隠されていた

Raffaellomadonnagranduca
ラファエッロの有名な聖母子の絵で、背後の風景が黒く塗りつぶされていたことが判明した(12月23日、Corriere della Sera).

X線による解析で判明した。この絵は、「大公の聖母」(Madonna del Granduca) と呼ばれるもので、フィレンツェのピッティ宮にある。

聖母子の背景が黒く塗りつぶされたのは、17世紀のことではないかと推測されている。しかし、なぜ黒く塗ってしまったのかは謎である。

この絵に関する調査は、日本の読売新聞の資金提供により実施されている。

|

« シングルマザーの世代 | トップページ | チェーザレ・バッティスティ事件 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/50450877

この記事へのトラックバック一覧です: ラファエッロの聖母子の背後に風景が隠されていた:

« シングルマザーの世代 | トップページ | チェーザレ・バッティスティ事件 »