« チェーザレ・バッティスティ事件 | トップページ | 大都市でセール始まる »

2011年1月 5日 (水)

イタリア国旗の由来

6a0112796e715c28a40147e1032986970b8
イタリア国旗の三色旗の由来を示す展覧会がレッジョ・エミリアで開催される(12月30日、Corriere it.)

2011年は、1861年のイタリア統一150周年にあたることを祝って、様々な催しものがある。

イタリアの三色旗は、1797年にレッジョ・エミリアで最初に作られた。この旗のコピーをイタリアの首都になった町の市長にわたす儀式が催される。その儀式には、ナポリターノ大統領も臨席する。

旗をわたされるのは、1861年から1865年まで首都であったトリノの市長セルジョ・キャンパリーノ、ついで1871年まで首都だったフィレンツェの市長マッテオ・レンツィ、そして1871年以来首都であるローマの市長ジャンニ・アレマンノである。

展覧会のタイトルは、《La bandiera proibita. Il Tricolore prima dell'unita'》(禁じられた旗。統一前の三色旗)というもの。

<

|

« チェーザレ・バッティスティ事件 | トップページ | 大都市でセール始まる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/50501083

この記事へのトラックバック一覧です: イタリア国旗の由来:

« チェーザレ・バッティスティ事件 | トップページ | 大都市でセール始まる »