« トレモンティ:危機は終わっていない | トップページ | ミラノ、訪れるべき都市に選ばれる »

2011年1月 8日 (土)

国旗のお作法

Tricolore
国旗のたたみ方と掲揚の仕方が紹介されている(1月8日、Corriere della Sera).

イタリアの三色旗のたたみ方は、アメリカの星条旗のたたみ方とは異なる。イタリアの国旗は、横3メートル、縦2メートル、もしくは横4,5メートル、縦3メートル、室内の場合、横1,5メートル、縦1メートルである。

折りたたむ時には、緑、白、赤の境界線にそって(縦の線を)折り曲げる。赤を先に折り、緑が表になり、裏が白になる。さらに、今度は、緑だけが見えるように半分に折りまげる。(縦横1メートルになる)。

星条旗の場合は、赤白の水平線にそって何回か折り曲げ、星が見える部分だけ外側にくるようにする。右端の赤白部分を三角に折り曲げる。その三角折りを何回かくり返し、星の部分だけで三角形の布となる。

国旗の掲揚の仕方

国の建物では、日常的に、向かって左(一番の場所)にイタリア国旗、その右側にEUの旗を掲げている。

海外から国賓のある時には、儀礼上、一番の場所にその外国の旗を掲げる。その右がイタリア国旗、さらに右がEU旗。

国賓がEU諸国の場合には、例外となる。その場合、一番の場所にその外国だが、その右には、EU旗、その右にイタリア国旗(つまり、EU旗が真ん中)となる。

地方自治体の建物では、一番の場所(向かって左)がEU旗、その右がイタリア国旗、その右が州/県/市町村の旗となる。

ただし県庁や市庁舎の場合は例外となる。4本の旗が掲げられる。その場合、一番左は、州の旗、その右がイタリア国旗、その右がEU旗、その右が県または市町村の旗となる。

地方自治体に海外からの賓客があった場合には、一番左がEU旗、その右が賓客の国旗、その右がイタリア国旗、その右が地方自治体(州・県・市町村)の旗となる。

|

« トレモンティ:危機は終わっていない | トップページ | ミラノ、訪れるべき都市に選ばれる »

コメント

明けましておめでとうございます。
今年も様々な情報を提供していただけるのを楽しみにしています。

国旗のたたみ方掲揚の仕方:
こういう「ちゃんと決まりがある」って好きです♪
(「洋服のたたみ方」は人それぞれですが)「着物のたたみ方」は決まりがあって、気持ちが良い。
そんな感じなのですが、、、分かりにくい感想ですね。すみません。

投稿: marinara | 2011年1月 8日 (土) 19時35分

marinara さん

明けましておめでとうございます。

国旗のたたみ方が決まっているというのは、はじめて知りました。しかも、国によって、模様が異なるので、たたみ方も違うんですね。日の丸には、決まったたたみ方はあるのでしょうか?デザインからして、デザインに合わせたたたみ方はむずかしいでしょうね。

ネットでちょっと調べると、一例としてというのが出ていて、最後は丸めるようですね、日の丸の場合は。

投稿: panterino | 2011年1月 8日 (土) 20時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/50527290

この記事へのトラックバック一覧です: 国旗のお作法:

« トレモンティ:危機は終わっていない | トップページ | ミラノ、訪れるべき都市に選ばれる »