« 第三の極、形成される | トップページ | ミラノに20世紀美術館 »

2010年12月13日 (月)

文学者の原稿の行方

Fondo_manoscritti_pavia 作家や詩人の原稿を保存する文書館がSOSを発している(12月4日、Corriere della Sera).

1969年マリア・コルティは詩人エウジェニオ・モンターレの旧作の下書きや最近作の校正刷りを手にした時に、20世紀の作家の自筆原稿の文庫を作ることを決意した。

1973年に文書館が設立され、彼女はそこに自分の情熱を注ぎ込み、30年前からはリサーチ・センターが付属するようになった。

2002年にマリア・コルティが亡くなった時、彼女は幅広い交友関係を持っていたこともあり、イタリア最大の20世紀作家の自筆原稿のコレクションが残された。

そこには、ロマーノ・ビレンキからはじまって、ガッダ、セレーニ、カルヴィーノ、モンタネッリ、フォルティーニ、アルバジーノ、ザンゾット、マンガネッリの原稿がある。作家の数は236人。

彼女以前には、トリノ大学にゴッツァーノの自筆原稿のコレクションはあったが、いずれにせよパイオニア的仕事であった。

こうした仕事に刺激をうけて、フィレンツェの Fondo Palazzeschi,  Archivio Bonsanti del Vieusseux, シエナの Centro Fortini,  ミラノの Centro Apice などが生まれた。

新聞や文学に関しては、Fondazioni Rizzoli-Corriere della Sera e Mondadori も忘れてはならないものだ。

70年代、80年代は、この仕事に関して、県や州も協力的だった。しかし、現在の文書館の館長マリア・アントニエッタ・グリニャーニは、予算の窮状を嘆いている。

最近、この文書館は新前衛主義の詩人・批評家アルフレード・ジュリアーニ文庫を入手したが、これには書簡も含まれており、グルッポ63がどう生まれたかを知る貴重な資料である。

|

« 第三の極、形成される | トップページ | ミラノに20世紀美術館 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/50269117

この記事へのトラックバック一覧です: 文学者の原稿の行方:

« 第三の極、形成される | トップページ | ミラノに20世紀美術館 »