« Pdl とPd の支持率上昇、Fli の下降 | トップページ | ベルルスコーニ内閣不信任案、否決される »

2010年12月21日 (火)

《シチリア、シチリア》

Img_main_comment
映画《シチリア、シチリア》(ジュゼッペ・トルナトーレ監督)を観た。

この映画は、1930年代から1980年代にかけてのシチリアのある町に生きるペッピーノとその家族の生活を描いた大河ドラマで、上映時間は151分だが、長すぎるというよりは、むしろ描くべきことに対して時間が足りないという感じすらした。

原題は、Baarìa で、これは舞台となったバゲリアという町の地元での呼び名。主人公ベッピーノは監督の父がモデルで、実話に近いらしい。

《ニュー・シネマ・パラダイス》から20年が経過しているわけだが、監督の語り口は、さりげなく、淡々としたものになっている。

ファシストの時代、共和制か王制かの国民投票、戦後の不完全な農地改革、総選挙など歴史的事象が節目、節目に織り込まれている。それもそのはず、主人公は共産党員なのである。

むろん、政治だけが描かれているのではなく、地元の画家が、地元の庶民をモデルにして聖人画を教会の壁に描くエピソードはアイロニーとユーモアに充ちている。

フェッリーニの《アマルコルド》を思わせる作品だが、冒頭で少年が空を飛ぶのは、フェリーニの《8と2分の1》の引用かもしれない。

|

« Pdl とPd の支持率上昇、Fli の下降 | トップページ | ベルルスコーニ内閣不信任案、否決される »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/50362611

この記事へのトラックバック一覧です: 《シチリア、シチリア》:

» 「シチリア!シチリア!」ペッピーノの成長物語 [soramove]
「シチリア!シチリア!」★★★★ フランチェスコ・シャンナ、マルガレット・マデ、アンヘラ・モリーナ、リナ・サストリ出演 ジュゼッペ・トルナトーレ 監督、151分、2010年12月18日公開、 2009,イタリア、フランス,角川映画 (原作:原題:BAARIA)                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 「シチリアの貧しい家庭に生まれた主人公の 一代記と同時に街の発展の記録でもある、 子供... [続きを読む]

受信: 2010年12月22日 (水) 07時13分

« Pdl とPd の支持率上昇、Fli の下降 | トップページ | ベルルスコーニ内閣不信任案、否決される »