« マリア・カラスの途中退場 | トップページ | 「オッセルヴァトーレ・ロマーノ」150年 »

2010年12月10日 (金)

2008年のロシアのグルジア攻撃

Putinberlusconi
ウィキリークスによると、2008年のロシアによるグルジア攻撃の際に、イタリアがNATO軍の介入にブレーキをかけていたらしい(12月1日、Corriere della Sera).

ローマ駐在とプラハ駐在のアメリカ大使のやりとりによると、2008年に起こったグルジア対ロシアの戦争に対してとったイタリアの立場はアメリカの苛立ちの種であった。

当時、ローマ駐在のアメリカ大使ロナルド・スポーリは、「フラッティーニ外務大臣やカルロ・バトーリ副代表の話では、イタリアはロシアを非難することに反対しており、NATOにとってまったく有益でない」とリポートしている。すでにベルルスコーニとプーチンは話しあっており、個人的な関係を用いてプーチンはイタリアを動かし、国際的機関がロシアの行動を非難させないようにしている。」このリポートの日付は2008年8月15日である。


|

« マリア・カラスの途中退場 | トップページ | 「オッセルヴァトーレ・ロマーノ」150年 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/50227244

この記事へのトラックバック一覧です: 2008年のロシアのグルジア攻撃:

« マリア・カラスの途中退場 | トップページ | 「オッセルヴァトーレ・ロマーノ」150年 »