« 2008年のロシアのグルジア攻撃 | トップページ | 第三の極、形成される »

2010年12月11日 (土)

「オッセルヴァトーレ・ロマーノ」150年

Hn7409001
ヴァティカンの機関紙「オッセルヴァトーレ・ロマーノ」の創刊150年を記念する本が出版された(12月2日、Corriere della Sera).

タイトルは Singolarissimo giornale. I 150 anni dell'《Osservatore Romano》で、出版社はAllemndi&C, 283ページ、30ユーロである。

編著者は、アントニオ・ザナルディ・ランディとジョヴァンニ・マリア・ヴィアン。

本はオッセルヴァトーレ・ロマーノの過去150年のアンソロジーともなっている。

オッセルヴァトーレ以前にあった新聞としては、《Diario di Roma》が1848年に拝観となり、《Il Giornale di Roma》という教皇国家の公的新聞だったものは1870年に姿を消す。

《Il Costituzionale Romano》も数年しか続かなかった。

《Osservatore Romano》 という同名の新聞は、1852年に一度廃刊となっている。しかし今も続く《Osservatore Romano》は1861年7月に創刊されたのである。

|

« 2008年のロシアのグルジア攻撃 | トップページ | 第三の極、形成される »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/50227360

この記事へのトラックバック一覧です: 「オッセルヴァトーレ・ロマーノ」150年:

« 2008年のロシアのグルジア攻撃 | トップページ | 第三の極、形成される »