« ポッリーニ・リサイタル(バッハ) | トップページ | 与党、フィーニに態度決定を迫る »

2010年11月 9日 (火)

マルチェガリア、ベルルスコーニを批判

Marcegaglia イタリア産業総連盟の会長、エンマ・マルチェガリアは、イタリア政治が麻痺状態だとして首相を非難した(10月31日、Corriere della Sera).

首相は、ルビーという女性がムバラク大統領の親族だと言ったという報道を否定している。

|

« ポッリーニ・リサイタル(バッハ) | トップページ | 与党、フィーニに態度決定を迫る »

コメント

ついにイタリアも末期的か・・
悪いことを先送りする体質も
行き止まりという感じですネ。
ベルルスコーニのモラルと価値観が
若者に影響すると
将来のイタリアがますます心配になります。

投稿: TOLOS | 2010年11月 9日 (火) 07時11分

TOLOS さん

そうなんですね。
マルチェガリアの批判、いら立ちは、もう何度目かという感じです。
首相の個人的なスキャンダルのためにイタリアの政治が立ち往生してしまい、法律が成立せず、経済に関する改革(マルチェガリアは経営者側ですから、何が本当に必要な改革かは、議論が必要ですが)が進まないのは、イタリアにとって嘆かわしい事態だと思います。

投稿: panterino | 2010年11月10日 (水) 21時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/49955544

この記事へのトラックバック一覧です: マルチェガリア、ベルルスコーニを批判:

« ポッリーニ・リサイタル(バッハ) | トップページ | 与党、フィーニに態度決定を迫る »