« 十字軍の前の十字軍 | トップページ | カゼルタのカモッラのボス逮捕 »

2010年11月25日 (木)

ブレーシャの虐殺事件も無罪に

La_strage_di_piazza_della_loggia_1
ミラノのフォンターナ広場での事件に続き、ブレーシャのロッジャ広場での虐殺事件も証拠不十分で無罪となった(11月17日、Corriere della Sera).

ブレーシャの事件は36年前、1974年5月28日に、ブレーシャの反ファシズムのデモ行進中に爆弾が爆発し、8名が死亡、102名が負傷した。

無罪となった被告には、デルフォ・ゾルジ(日本在住, 日本では Roy Hagenと名乗っている)、カルロ・マリア・マッジ、マウリツィオ・トラモンテ、フランチェスコ・デルフィーノ、ピーノ・ラウティがいる。

1969年から70年代にかけては、いくつもの爆破事件が起こった。

1969年12月12日
  ミラノ・フォンターナ広場
  死者17人

1972年5月31日 
  サグラード・ペテアーノ
  死者3人

1973年5月17日
  ミラノ・警察署
  死者4人

1974年8月4日
  イタリクス
  死者12人

1980年8月2日
  ボローニャ駅
  死者85人

1984年12月23日
  ラピド904
  死者17人


|

« 十字軍の前の十字軍 | トップページ | カゼルタのカモッラのボス逮捕 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/50114851

この記事へのトラックバック一覧です: ブレーシャの虐殺事件も無罪に:

« 十字軍の前の十字軍 | トップページ | カゼルタのカモッラのボス逮捕 »