« ドラーギ:岐路に立つイタリア | トップページ | フィーニ、ベルルスコーニの辞任もとめる »

2010年11月16日 (火)

懸念のあるイタリア文化財

Domus_aurea イタリアで保存状態に懸念があるのは、先日、剣闘士の家が崩落したポンペイ遺跡だけではない(11月7日、Corriere della Sera).

ローマのネロ帝のドムス・アウレア(黄金宮)にも100メートルにおよぶ亀裂があり、しかも壁はもろい状態である。

フィレンツェのドゥオーモのクーポラもその安定性が心配されており、常にモニターされている。

ボローニャの2つの塔も、地震があった場合の崩壊が懸念されている。

|

« ドラーギ:岐路に立つイタリア | トップページ | フィーニ、ベルルスコーニの辞任もとめる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/50021762

この記事へのトラックバック一覧です: 懸念のあるイタリア文化財:

« ドラーギ:岐路に立つイタリア | トップページ | フィーニ、ベルルスコーニの辞任もとめる »