« 《紅の豚》、イタリアで上映 | トップページ | 予算案の後に、信任案 »

2010年11月19日 (金)

デ・ラウレンティス、逝く

Sjff_04_img1467
偉大な映画プロデューサー、ディーノ・デ・ラウレンティスがロサンジェルスで亡くなった。91歳だった(11月12日、Corriere della Sera).

彼は500本の映画をプロデュースした。出発時は、白黒映画で、初のカラー映画は1952年でトトが出演している。

1972年にイタリアを離れ、アメリカで大作を制作する。

1919年8月8日生まれ。

《苦い米》では、彼は最初シルヴァーナ・マンガノの起用に乗り気ではなかったが、彼女は彼の二番目の妻となり、4人の子どもをもうけた。

1976年の《キング・コング》のプロデュースに際しては、オーディションにやってきたメリル・ストリープに対して、「ブスだな、なぜこんなのを連れてきたんだ」(E' brutta, perche' me l'hai portata?) と言い放ち、不採用にした。このエピソードはメリル・ストリープ自身によって語られたものであり、デ・ラウレンティスのせりふをストリープはイタリア語で引用している。

|

« 《紅の豚》、イタリアで上映 | トップページ | 予算案の後に、信任案 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/50068568

この記事へのトラックバック一覧です: デ・ラウレンティス、逝く:

« 《紅の豚》、イタリアで上映 | トップページ | 予算案の後に、信任案 »