« イタリアの森、増える | トップページ | フェーデとモーラ、捜査対象に »

2010年11月 5日 (金)

イタリアの移民、500万人に

Metr_9045891_45200
Caritasの推計によるとイタリアの移民は500万人に達した(10月27日、Corriere della Sera).

これはイタリアの人口の約7%に相当する。また、過去20年に10倍に増えたことを意味してもいる。1990年には、50万人であったのだ。

移民が、国内総生産に寄与するのは11,1%である。

移民のうち最も多いのはルーマニア人で、88万6000人に達している。

地域別にみると、ロンバルディア州が98万2000人で最も多く、ロンバルディアの住民の23,2%、約4人に1人である。

ついで、ラツィオ州の49万7000人で、人口の11,8%。ヴェネト州が48万人で11,3%、エミリア・ロマーニャ州が46万1000人で10,9%となっている。

|

« イタリアの森、増える | トップページ | フェーデとモーラ、捜査対象に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/49938860

この記事へのトラックバック一覧です: イタリアの移民、500万人に:

« イタリアの森、増える | トップページ | フェーデとモーラ、捜査対象に »