« マルチェガリア:我慢の限界 | トップページ | ミラノ万博、用地の危機 »

2010年10月 8日 (金)

フィレンツェ国立中央図書館の危機

Biblioteca_nazionale_firenze_2008_2
フィレンツェの国立中央図書館が危機に瀕している(9月27日、Corrriere della Sera).

中央図書館の文化省からの予算は、職員の給与を除き71万6000ユーロにすぎないが、それが来年度には、さらに35万ユーロに削減されようとしている。

フィレンツェの国立中央図書館の起源は、1714年に遡る。アントニオ・マリアベーキがフィレンツェに3万冊の蔵書を寄贈したのである。

1771年には、ピエトロ・レオポルド大公が自らの蔵書とあわせた。1861年には、当時の教育相だったフランチェスコ・デ・サンクティスにより、パラティーナ図書館と合併された。

1869年からは、イタリアで発行される本が一部ずつこの図書館に納入されることとなった。

もともとはウフィツィにあったが、1935年に現在の場所に移った。1966年の洪水では大きな損害を被った。

|

« マルチェガリア:我慢の限界 | トップページ | ミラノ万博、用地の危機 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/49647285

この記事へのトラックバック一覧です: フィレンツェ国立中央図書館の危機:

« マルチェガリア:我慢の限界 | トップページ | ミラノ万博、用地の危機 »