« フィレンツェ国立中央図書館の危機 | トップページ | フォッパ・ぺドレッティ死去 »

2010年10月 9日 (土)

ミラノ万博、用地の危機

Milanoexpo2015 ミラノ万博が用地問題で危機におちいっている(9月28日、Corriere della Sera)

2015年開催予定のミラノ万博は、いまだに開催用地が決まっていない。

2008年3月31日に、ミラノは2015年の万博開催地と決まった。トルコのスミルナに86票対65票で競り勝ったのである。

運営協会が設立され、2009年4月9日に会長にルーチョ・スタンカが指名されたが、彼が下院議員でもあったため論争が起こり、辞任をもとめる声があがった。

7月ジュゼッペ・サーラ(もとミラノ市の総局長)があらたに運営協会会長に任命された。

しかし用地獲得の段階で行き詰まっている。

|

« フィレンツェ国立中央図書館の危機 | トップページ | フォッパ・ぺドレッティ死去 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/49695043

この記事へのトラックバック一覧です: ミラノ万博、用地の危機:

« フィレンツェ国立中央図書館の危機 | トップページ | フォッパ・ぺドレッティ死去 »