« ポッリーニ・リサイタル | トップページ | ジョットの修復 »

2010年10月18日 (月)

ベルルスコーニ、手術

0la4i7ba180x140
ベルルスコーニ首相は、手首の手術をした(10月12日、Corriere della Sera).

首相は、手根管症候群(sindrome del tunnel carpale)のため手術をした。(手根管は、手首の手のひら側にある骨と靱帯にはさまれた管でその中を神経が走っている。その神経が慢性的に圧迫されてしびれなどのおこる病気である)。

手術は、局所麻酔をして、15分で無事終了した。首相は、麻酔医や執刀医の夫人などに冗談を言いリラックスした様子だった。医師は、休養が必要だとしている。

|

« ポッリーニ・リサイタル | トップページ | ジョットの修復 »

コメント

ベルルスコーニの推薦で
次の選挙に執刀医が立候補?

昨年でしたっけ?
中年の女性がベルルスコーニと並んで映る
立候補ポスターがローマ中にあふれ
何だろうと思ったら
ミラノで顔に投げつけられた時の
歯科医だったというできごと。

投稿: TOLOS | 2010年10月19日 (火) 04時47分

TOLOS さん

ベルルスコーニ首相自身もそうですが、まわりの人も機を見るに敏な人たちなのですね。
あるいは、首相と関わりを持つと、政治家になりたくなるのでしょうか。

投稿: panterino | 2010年10月26日 (火) 23時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/49776857

この記事へのトラックバック一覧です: ベルルスコーニ、手術:

« ポッリーニ・リサイタル | トップページ | ジョットの修復 »