« ナポリにゴミ戻る | トップページ | 小さなコムーネ »

2010年10月 5日 (火)

「イタリアオペラに行こう」

51vhvop6x8l_ss500_
『イタリアオペラに行こう』(武田好著、NHK出版)を読んだ。

イタリアオペラの著名なアリアを語学的に解説した本である。「あらすじ」、「テーマ」、「オペラの背景」といった辞典的要素もあるが、もっとも重要なのは、アリアの対訳と語注であろう。

この本は、本として通読するというよりは、自分がCDを聴きながら、あるいはDVDを観ながら、アリアの歌詞を確認し、さらには歌詞の細かなニュアンス、その台詞の文体を理解して、オペラをより深く味わうための本ではないかと思う。

こうしたテクストや語注を読むと、たとえば、ヴェルディのオペラの台本の文体と、プッチーニのオペラの台本の違いがはっきり認識できる。プッチーニの文体は、一文が短く、口語的なのである。日本語の字幕は、どうしても意味が判りやすいことを重視するので、文体の差までは出にくいが、こうした本で文体の特徴、レトリックを理解すれば、より一層、オペラの味わいが深くなるだろう。

|

« ナポリにゴミ戻る | トップページ | 小さなコムーネ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/49659999

この記事へのトラックバック一覧です: 「イタリアオペラに行こう」:

« ナポリにゴミ戻る | トップページ | 小さなコムーネ »