« 保育園にブルカ、ママたちが反対 | トップページ | ジェルミーニ:北部同盟のシンボルを取るように »

2010年9月26日 (日)

カルロ・フェニーチェ劇場の苦悩

3385725554_b87bafa358
ジェノヴァのオペラ劇場、カルロ・フェニーチェ劇場が予算削減で苦しんでいる(9月18日、Corriere della Sera).

劇場の赤字は、1600万ユーロにのぼる。赤字の原因の一端は、国の補助金削減にある。

2010年度後半の上演プログラムはいまだに確定していない。10月12日に上演予定の『セビリアの理髪師』も上演が疑問視されている。

9月1日からは、劇場の289人の従業員は、月末に給料が受け取れないであろうと覚悟しながら働いている。

ジェノヴァ市長マルタ・ヴィンチェンツィは7月末に「もうお金がない。従業員の一時休業なしでは、破産のリスクがある」と通告していた。しかし複数の労働組合は立場が割れているのだ。Cgil は Cassa integrazione もありうるとしている。Fials の全国組織は連帯契約に応じることは可能としている。Fials の地方組織は、また異なり、独立系の Libersind e Snater はすべてに反対している。

カルロ・フェリーチェ劇場は1828年4月7日にベッリーニのオペラでこけら落としをした。第二次大戦中に爆撃をうけ、約50年後の1991年に新たに落成した。


|

« 保育園にブルカ、ママたちが反対 | トップページ | ジェルミーニ:北部同盟のシンボルを取るように »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/49542359

この記事へのトラックバック一覧です: カルロ・フェニーチェ劇場の苦悩:

« 保育園にブルカ、ママたちが反対 | トップページ | ジェルミーニ:北部同盟のシンボルを取るように »