« ポルタ・ピア140年 | トップページ | 教皇暗殺計画発覚 »

2010年9月23日 (木)

カテリーナ・ボラット亡くなる

Boratto


1245779152169_f

映画女優のカテリーナ・ボラットがローマで亡くなった(9月16日、Corriere della Sera).

ボラットは1915年トリノ生まれで95歳だった。

最初は、ファシズム体制のもとで、その後はハリウッドにもルイ・B・メイヤーから呼ばれて活躍した。帰国後は、フェッリーニが『8と2分の1』(8 e mezzo)および『魂のジュリエッタ』に起用した。

ボラットがスターになったのは、1937年のブリニョーネの映画 VIvere でその後、いわゆる《telefoni bianchi》(白電話、当時普通だった黒電話に対し、富裕層を示すシンボルだった)の映画に出演した。

スタジオで突然オペラ歌手ティト・スキーパと会い、伴侶となった。


|

« ポルタ・ピア140年 | トップページ | 教皇暗殺計画発覚 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/49535868

この記事へのトラックバック一覧です: カテリーナ・ボラット亡くなる:

« ポルタ・ピア140年 | トップページ | 教皇暗殺計画発覚 »