« ジェルミーニ:教室での聖書教育に賛成 | トップページ | イタリア、国際機関で重要ポスト失いつづける »

2010年9月19日 (日)

ベルルスコーニ、サルコジ大統領と共同戦線

BERLUSCONI-SARKOZY.jpgルルスコーニ首相は、ロマ(ジプシー)の問題に関し、サルコジ大統領の立場を擁護する姿勢を明らかにした(9月16日、la Repubblica)

EUのレディング委員はフランスのロマ追放を批判している。

サルコジ大統領はそれなら自分の家に連れて帰ればよい、と応じた。

アメリカ政府は、人権を尊重するようにとのメッセージを発している。

イタリアに住むロマは16万人。首都ローマには7100人が暮らしているが、、そのうち2500人は200か所を不法占拠して暮らしている。

|

« ジェルミーニ:教室での聖書教育に賛成 | トップページ | イタリア、国際機関で重要ポスト失いつづける »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/49475899

この記事へのトラックバック一覧です: ベルルスコーニ、サルコジ大統領と共同戦線:

« ジェルミーニ:教室での聖書教育に賛成 | トップページ | イタリア、国際機関で重要ポスト失いつづける »