« 7月の自動車売上落ちる | トップページ | サングイネーティ、エルバ亡きあとの詩壇 »

2010年8月 9日 (月)

夏の読書

Amato 夏の読書として、マンリオ・カンコーニが詩集を推薦している(8月2日、la Repubblica).

(以下、カンコーニの推薦の要約)。不人気なのは承知の上で、詩集を推薦しよう。とくに、ロベルト・アマートと彼の詩集Le cucine celesti(天の料理、Diabasis) を。

アマートはヴィアレッジョ賞を受賞したが、とても変わり者だ。靴職人として働いている。生きるためにそうしているのであり、スノビズムやポーズではない。

彼の詩は変わっていて、独特で、オリジナルだ。誰の詩にも似ていない。別の詩集Il disegnatore di alberi (Elliot, 木のデザイナー)も出版している。

今日、詩を書くには勇気がいる。イタリアには自費出版で詩を出版するひとが3万人いるらしい。詩を信じるひとがいるのにはほっとさせられる。

|

« 7月の自動車売上落ちる | トップページ | サングイネーティ、エルバ亡きあとの詩壇 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/49081198

この記事へのトラックバック一覧です: 夏の読書:

« 7月の自動車売上落ちる | トップページ | サングイネーティ、エルバ亡きあとの詩壇 »