« 離婚、1995年から倍増 | トップページ | 銀行へのストレス・テスト »

2010年8月 1日 (日)

フィアット、セルビアをめぐり衝突

Marchionne_2
フィアットが突然発表した投資先をセルビアに移す案に反対の声があがっている(7月23日、Corriere della Sera).

新たな投資先をミラフィオーリ工場から海外のセルビアに移すことに関し、反対の声があがった。マリキオンネ社長は、ポミリアーノの問題がなければ、イタリアで生産していただろうとしている。

セルビアでは、あらたなモノヴォルーメ、即ち、ムーサ、ムルティプラ、パリオの後継車種を生産する予定である。L−oと名付けられている。

これに対し、労働組合、北部同盟、民主党は懸念を表明している。

フィアットの海外生産には、トルコ。ポーランドがあり、トルコではドブロ、フィオリーノ、クーボ、リネアを生産し、ポーランドでは、パンダ、500、Ford Kaを生産している。

|

« 離婚、1995年から倍増 | トップページ | 銀行へのストレス・テスト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/49004513

この記事へのトラックバック一覧です: フィアット、セルビアをめぐり衝突:

« 離婚、1995年から倍増 | トップページ | 銀行へのストレス・テスト »