« 夏の読書 | トップページ | リヒテンシュタインの秘密口座 »

2010年8月10日 (火)

サングイネーティ、エルバ亡きあとの詩壇

Erbaluciano イタリアの詩人サングィネーティ、ルチャーノ・エルバ(写真)が相次いで亡くなったが、その後の詩壇について批評家・ジャーナリストのフランコ・コルデッリが書いている(8月5日、Corriere della Sera).

今や大手の出版社で、詩集を発行しているのは、Einaudi, Garzanti, Mondadori のみになってしまった。

小さな出版社には、Paasagli, Marcos y Marcos, Scheiwiller, Crocetti、Le Lettere, Sossella がある。

今や20世紀の詩人で残っているのは誰か? アンドレア・ザンゾットとジョヴァンニ・ジュディチである。他には、ジョルジョ・オレッリ、エリオ・パリアラーニがいる。

さらにあと3人あげれば、ジャンピエロ・ネーリ、ネーロ・リージとロベルト・ロヴェルシがいる。

|

« 夏の読書 | トップページ | リヒテンシュタインの秘密口座 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/49092561

この記事へのトラックバック一覧です: サングイネーティ、エルバ亡きあとの詩壇:

« 夏の読書 | トップページ | リヒテンシュタインの秘密口座 »