« フォルクスヴァーゲン、アルファを求めるが… | トップページ | ベルルスコーニ、選挙回避でボッシを説得 »

2010年8月27日 (金)

ナポリターノ大統領、フィアットを批判する

ナポリターノ大統領は、フィアットの3人の工場労働者の扱いに関してフィアットを批判した(8月25日、コッリエーレ・デッラ・セーラ)

3人はメルフィ工場の労働者であるが、サボタージュをしたとして3人は解雇された。

しかし労働裁判所が、サボタージュにはあたらないとして再雇用を命じた。

フィアット社は3人を再雇用したが、組み立てラインに組み込んでいない。3人は抗議の手紙を大統領に宛てて書き、それにこたえた形で、大統領は、フィアット社を批判し、この危機を乗り越えねばならないとしている。

|

« フォルクスヴァーゲン、アルファを求めるが… | トップページ | ベルルスコーニ、選挙回避でボッシを説得 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/49249684

この記事へのトラックバック一覧です: ナポリターノ大統領、フィアットを批判する:

« フォルクスヴァーゲン、アルファを求めるが… | トップページ | ベルルスコーニ、選挙回避でボッシを説得 »