« 国家とマフィア | トップページ | 大統領:十字架については各国家が決めるのが適当 »

2010年7月 9日 (金)

レオパルディ研究の新著

Rigonileopardi_2
詩人レオパルディの研究書が出版された(6月29日、Corriere della Sera).

著者は、Mario Andrea Rigoni. 出版社 Aragno, 増補新版で、300ページ、15ユーロ。タイトルは、Il pensiero di Leopardi (レオパルディの思想)。

レオパルディの悲観主義を、単に進歩主義的とする見方をしりぞけ、より根源的な「無の経験、あらゆる経験のなかでもっとも高貴なもの」としている。これはE.M.シオランも書いている通りである。

この経験を詩作品において、さらには、Zibaldone において読み込んでいる。ニーチェのほとんどの考えをレオパルディは先取りしているのである。

|

« 国家とマフィア | トップページ | 大統領:十字架については各国家が決めるのが適当 »

コメント

 さっそく、読みます。Stefano Adamiも申し込みました。ありがとうございました。

投稿: tavola | 2010年7月13日 (火) 23時31分

tavola さん

Stefano の本、お買い求めいただき、本人に代わってお礼申し上げます。

投稿: panterino | 2010年7月17日 (土) 11時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/48826544

この記事へのトラックバック一覧です: レオパルディ研究の新著:

« 国家とマフィア | トップページ | 大統領:十字架については各国家が決めるのが適当 »