« プッチーニの《西部の娘》100年 | トップページ | ジェルミーニ、大学教授はより早く年金生活へ »

2010年7月25日 (日)

アリタリアに第三の座席

Images
アリタリア航空は、ビジネスクラスとエコノミークラスの間に第三の座席を設定する(7月16日、Corriere della Sera).

アリタリアでは、ビジネスクラスを Magnifica 、エコノミーを Classica と呼んでいるが、今回導入するのは、Classica Plus という。

Magnifica では足を185cm のばせるのに対し、Classica は座席の間が76,2cmである。Classica Plus は96,5cmとなっている。

座席の前についている液晶画面が Magnifica は15,4インチ、Classica Plus は10,6インチ、Classica は9インチ。

値段は、ミラノ・マルペンサとニューヨーク間で、Magnifica は2100ユーロ、Classica Plus は1000ユーロ、Classica が700ユーロとなっている。

新しい座席は、ミラノ-東京間でデビューした。

|

« プッチーニの《西部の娘》100年 | トップページ | ジェルミーニ、大学教授はより早く年金生活へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/48966097

この記事へのトラックバック一覧です: アリタリアに第三の座席:

« プッチーニの《西部の娘》100年 | トップページ | ジェルミーニ、大学教授はより早く年金生活へ »