« 州や企業が緊縮予算案に要望 | トップページ | サピエンツァ大のなまけもの »

2010年7月15日 (木)

教会への信頼度、低下する

Mannheimer3ym4
イタリア人の主要機関への信頼度の調査が発表された(7月6日、Corriere della Sera).

調査は、803人が対象。誤差幅3、5%である。

それによると主要機関への信頼度は近年安定している。

警察、カラビニエーリ  83%
軍隊          81%
共和国大統領      78%
司法          60%
学校・大学       60%
カトリック教会     57%

数十年前は、この信頼度のトップは、司法、カトリック教会、EU であったが、それらはそれぞれ今日、4位、6位、7位になっている。

ここ数ヶ月は、カトリック教会に逆風が吹いている。
ここ1年で見ると

2009年7月  69、8%
2009年12月 64、8%
今日       56、9%

と教会への信頼度が下降してきている。1年で10ポイント以上減少しているのである。

減少度が大きいのは、65歳以上の人(20ポイント以上下がっている)。学歴が高くない人、南部や島嶼部に住む人(−15%)、小さな市町村に住む人、年金生活者、政治的態度を明らかにしていない人たちのグループである。

教会へ行く頻度別に、教会への信頼度をみると
行かない   28、0%
時々行く   50、9%
毎週かそれ以上 80、5%

教会へ行かない人の教会への信頼度は、一年前は46%であったのが、28%に下落してしまったのである。最も信心深い人、毎週かそれ以上に教会行く人のグループでも、1年前の87%から81%へと下落は見られる。

この下落の原因の主要なものは、小児性愛に関する問題であった。この問題に関し教会の幹部は、イタリア人の信頼をさらに失わないためには、実効性のある適切な対応を取る必要がある。

|

« 州や企業が緊縮予算案に要望 | トップページ | サピエンツァ大のなまけもの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/48859833

この記事へのトラックバック一覧です: 教会への信頼度、低下する:

« 州や企業が緊縮予算案に要望 | トップページ | サピエンツァ大のなまけもの »