« スキアヴォーネ、全仏テニス・オープン優勝 | トップページ | 女性の年金 »

2010年6月16日 (水)

離婚と聖体拝領

Comunione_con_il_papa
離婚と聖体拝領の関係について Avvenire に記事が掲載された(6月7日、Corriere della Sera).

6月6日は、キリストの聖なる体と血(Corpus Domini)の日であった。イタリア司教会議の新聞 Avvenire は、離婚して再婚した人と聖体拝領の関係を説明した。1ページを使い、「なぜ離婚して再婚した人は聖体拝領が受けられないのか」という見出しであった。

エウジェニオ・ザネッティ猊下によると、離婚してその後同棲している人や民事婚している人には、客観的な障害があることになる。しかし、離婚したり別居して、一人で暮らしている人は、聖体拝領ができる。

しかし、たとえ離婚してその後、同棲していなくとも、放蕩な生活をしている場合には聖体拝領は受けられない。


|

« スキアヴォーネ、全仏テニス・オープン優勝 | トップページ | 女性の年金 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/48624377

この記事へのトラックバック一覧です: 離婚と聖体拝領:

« スキアヴォーネ、全仏テニス・オープン優勝 | トップページ | 女性の年金 »