« 多発性硬化症の治療 | トップページ | 歩行者天国30年 »

2010年6月 1日 (火)

アッバード、入院

Abbad1180x140_2 指揮者クラウディオ・アッバードは過労のため入院した(5月24日、Corriere della Sera).

アッバードは疲労のため、ドイツの病院に急遽入院した。が、医師団によれば、2,3週間の療養をへれば仕事に復帰できるであろうとのこと。

ラヴェンナの音楽祭では6月9日に予定されていたコンサートがキャンセルされた。アッバードは代理にディエゴ・マテウスを指名した。マテウスはベネズエラ出身の25歳の指揮者。

ミラノの場合は、アッバードのスカラ帰還記念のコンサートであったので、指揮者の代行はたてず延期とした。

アッバードは1933年6月26日生まれ。1969年に35歳でスカラ座の音楽監督に任命され1986年までその職にあった。

|

« 多発性硬化症の治療 | トップページ | 歩行者天国30年 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/48481130

この記事へのトラックバック一覧です: アッバード、入院:

« 多発性硬化症の治療 | トップページ | 歩行者天国30年 »