« ピオ12世時代の枢機卿の日記、出版される | トップページ | 創造性と詩 »

2010年6月 7日 (月)

モニカ・ベッルッチ出演のテレビ・ドラマ

Osvaldovalentieluisaferida
モニカ・ベッルッチ主演のテレビ・ドラマがRAI1で放映される(5月29日、Corriere della Sera).

タイトルは Sanguepazzo というもので、ファシズム期の有名な俳優と女優が主人公。監督はマルコ・トゥッリオ・ジョルダーノ。二人の俳優は、オズヴァルド・ヴァレンティとルイーザ・フェリーダ(写真)。二人とも麻薬中毒だった。

この作品は、2008年にカンヌ映画祭に出品され、そこそこの評価を得たが、これまでテレビでは放映されていなかった。ベッルッチによれば、この作品は、映画としては長すぎ、テレビ用としては、セックスや麻薬という点で刺激が強すぎるのである。

現在、モニカ・ベッルッチは45歳で、ローマにもどって出産を終えたばかりである。

|

« ピオ12世時代の枢機卿の日記、出版される | トップページ | 創造性と詩 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/48559745

この記事へのトラックバック一覧です: モニカ・ベッルッチ出演のテレビ・ドラマ:

« ピオ12世時代の枢機卿の日記、出版される | トップページ | 創造性と詩 »