« アッバード、入院 | トップページ | 風力発電をねらう犯罪組織 »

2010年6月 2日 (水)

歩行者天国30年

Areapedonale
歩行者天国は30年を迎えた(5月20日、Corriere della Sera).

最も有名な歩行者天国はローマで1980年にコロッセオの周りで実施された。翌年には、同じくローマでナヴォナ広場やスペイン広場でも実現された。そこから、ナポリのプレビシート広場やフィレンツェのシニョーリア広場へと拡がっていった。

イタリアの町の中で最も歩行者天国の比率が高い町は次の通り
ヴェルバニア 2,05(住民一人あたりの平米)
テルニ    1,67
クレモナ   1,26
カリアリ   0,95
マントヴァ  0,93

イタリアの平均は
1980年 0
1990年 0,05
2000年 0,17
2010年 0,34(住民一人あたりの平米)
となってきている。

一方、車両制限地区の多い町は次の通り
シエナ   30,78(住民一人あたりの平米)
マントヴァ 17,23
ピサ    14,89
ヴェルバニア12
フィレンツェ11,16

車両制限地区のイタリアの平均は次の用に推移している
1980年 0
1990年 0,6
2000年 2,4
2010年 3

|

« アッバード、入院 | トップページ | 風力発電をねらう犯罪組織 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/48517414

この記事へのトラックバック一覧です: 歩行者天国30年:

« アッバード、入院 | トップページ | 風力発電をねらう犯罪組織 »