« 親元で暮らす若者 | トップページ | モニカ・ベッルッチ出演のテレビ・ドラマ »

2010年6月 6日 (日)

ピオ12世時代の枢機卿の日記、出版される

Pioxii
ピオ12世の治世のある枢機卿の日記が出版された(5月28日、Corriere della Sera).

チェルソ・コステンティーニ枢機卿の1938年から1947年の未公刊の日記が出版された。

第二次大戦と、ピオ12世の治世(1939ー1958)の初期が扱われている。

この日記は第二次大戦後、将来の教皇パオロ6世に読まれ、日記の著者とピオ12世の死後50年経過後なら出版してもよいという許可を与えた。二人とも1958年10月に亡くなった。

ピオ12世は、「私は強制収容所に行くことも恐れてはいない」と語っていた。

|

« 親元で暮らす若者 | トップページ | モニカ・ベッルッチ出演のテレビ・ドラマ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/48553665

この記事へのトラックバック一覧です: ピオ12世時代の枢機卿の日記、出版される:

« 親元で暮らす若者 | トップページ | モニカ・ベッルッチ出演のテレビ・ドラマ »