« 《頭を上げて》 | トップページ | 《重なりあう時》 »

2010年5月 4日 (火)

《それもこれもユダのせい》

Works02_photo
ダヴィデ・フェッラーリオ監督の《それもこれもユダのせい》を観た(有楽町・朝日ホール)。

刑務所の教誨師から頼まれて若い女性ディレクターが囚人たちと芝居をつくるという映画である。主要な登場人物は、4人を除いて、すべて本物の受刑者や看守で、舞台も本物の刑務所。

フェッラーリオ監督は、事実とフィクションを混交してつくるのが映画の本質と考え、それを今回の映画では極端まで押し進めているわけだ。

女性ディレクターのイレーネは張り切るのだが、神父は芝居の題目をキリストの受難劇にするよう注文をつける。しかし誰もユダの役をやりたがらない。

彼女は様々な工夫をこらすのだが...


|

« 《頭を上げて》 | トップページ | 《重なりあう時》 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/48260839

この記事へのトラックバック一覧です: 《それもこれもユダのせい》:

« 《頭を上げて》 | トップページ | 《重なりあう時》 »