« モラッティと不法移民 | トップページ | 建設業者アネモネの秘密リスト »

2010年5月20日 (木)

イタリアにおける電子書籍

Medium_edigita
トリノの書籍見本市で、電子書籍のプラットフォームが発表された(5月12日、Corriere della Sera).

トリノの見本市(Salone del libro)でお目見えしたのは、Edigita というプラットフォーム。いわゆるebook の配信に使われる。このプラットフォームを立ち上げたのは、フェルトリネッリ、Gems, Rcs の大手出版グループである。この3グループで40以上の出版社を含んでいる。

このプラットフォームは、Kindle や I-pad などの利用者へ向けての準備である。

来秋までに、Edigita は少なくとも2000冊の本を配信可能にする予定だ。モンダドーリ・グループは、このプラットフォームには参加しなかったが、独自のプラットフォームを年内に立ち上げる予定だ。

これらのプラットフォームでは、読者に直接販売するのではなく、オンライン書店や国内・海外の e-commerce に卸すという形をとる。

電子書籍の将来は? 2009年には、アメリカで2%以下であったのが、2015年には15−20%になると予想されている。Egidita では、イタリア市場では、2015年には、6000万から7000万ユーロの市場となり、4−5%以上を占めるようになると予想している。


|

« モラッティと不法移民 | トップページ | 建設業者アネモネの秘密リスト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/48408198

この記事へのトラックバック一覧です: イタリアにおける電子書籍:

« モラッティと不法移民 | トップページ | 建設業者アネモネの秘密リスト »