« ダヴィッド賞、ベッロッキオとディリッティの勝利 | トップページ | イタリア統一への評価 »

2010年5月15日 (土)

ヴィーンの大司教、ソダーノを糾弾

Sodano ヴィーンの大司教で枢機卿のクリストフ・シェーンボルンがヴァティカンの元国務長官アンジェロ・ソダーノを糾弾した(5月9日、Corriere della Sera).

1990年代の性的虐待の事件に関し、ソダーノ長官(当時)が事をあいまいに処理したと非難している。シェーンボルンはベネディクト16世の生徒だった。

シェーンボルンによればソダーノは、性的虐待の被害に関する話題を、井戸端会議のようなものだとあしらったとのことである。

1995年の春にシェーンボルンの前任者ヴィーンの大司教であったハンス・ヘルマン・グローエルは、性的虐待の容疑で告発されたが、本人はそれを認めることなく大司教の職を辞任した。

|

« ダヴィッド賞、ベッロッキオとディリッティの勝利 | トップページ | イタリア統一への評価 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/48367234

この記事へのトラックバック一覧です: ヴィーンの大司教、ソダーノを糾弾:

« ダヴィッド賞、ベッロッキオとディリッティの勝利 | トップページ | イタリア統一への評価 »