« 《まっさらな光のもとで》 | トップページ | 《勝利を》 »

2010年5月 4日 (火)

《元カノ/カレ》

Works03_photo
ファウスト・ブリッツィ監督の《元カノ/カレ》を観た(有楽町・朝日ホール)。

6つのエピソードからなるオムニバス形式の娯楽映画。6つのエピソードは互いに絡みあっている。この映画祭で以前に上映された《恋愛マニュアル》が最も様式的には近い。

プログラムの情報を多少補って記すと、日本のお正月映画に相当するのは、イタリアではクリスマス映画でチネ・パネットーネという。もともとこれはボルディとデ・シーカ(あの映画監督の息子)のコンビの映画をさした造語だったのだが、それが広く用いられるようになった。

そこからの応用で、夏休みの娯楽映画をチネ・ココーメロ(すいか映画)とも言う。

そしてこの映画はヴァレンタインデーを当て込んだ映画なのだという。それにふさわしく、様々なカップルの別離、結合が誇張され、類型的に、ある場合は予定調和的に、またある場合には意外な展開を見せて笑わせるという映画である。

警官と外科医のエピソードは爆笑ものだったが、神父役はちょっとミス・キャストかなと思った。

|

« 《まっさらな光のもとで》 | トップページ | 《勝利を》 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/48261449

この記事へのトラックバック一覧です: 《元カノ/カレ》:

« 《まっさらな光のもとで》 | トップページ | 《勝利を》 »