« モロッコ人父、子供の西洋化に憤激し殴る | トップページ | ヴィーンの大司教、ソダーノを糾弾 »

2010年5月15日 (土)

ダヴィッド賞、ベッロッキオとディリッティの勝利

Vinceredibellocchiovince4premialchi
イタリア映画の2010年のダヴィッド賞がベッロッキオ監督とディリッティ監督の作品が多くの賞を獲得した(5月8日、Corriere della Sera).

最良の映画としては、ジョルジョ・ディリッティ監督の《やがて来たる者》(L'uomo che verrà)が獲得したが、16部門のノミネーションのうち実際に受賞したのは3つだった。

マルコ・ベッロッキオ監督の《勝利を》(Vincere)はより多くの賞を獲得した。ベッロッキオは最良監督賞をはじめ7部門で受賞した。


|

« モロッコ人父、子供の西洋化に憤激し殴る | トップページ | ヴィーンの大司教、ソダーノを糾弾 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/48351612

この記事へのトラックバック一覧です: ダヴィッド賞、ベッロッキオとディリッティの勝利:

« モロッコ人父、子供の西洋化に憤激し殴る | トップページ | ヴィーンの大司教、ソダーノを糾弾 »