« ヴェネツィア市長選、ブルネッタ敗れる | トップページ | 増加するイタリアの軍事輸出 »

2010年4月 8日 (木)

カトリックと断食

Cibo カトリックは全くなくなってしまったわけではないが、断食の習慣は身近でなくなっている(4月1日、Corriere della Sera).

断食の習慣は、祈りの一形態である。

ユダヤ教の場合、断食は古くからあり、モーセはシナイ山で断食した。

イエスは荒れ地を40日間さまよった時に断食した。キリスト教では、灰の水曜日や聖金曜日が儀式的には中心の日とされている。この2日間になったのは、第二ヴァティカン公会議からで、それ以前はもっと多くの日が断食の日であった。

イスラム教はユダヤ教およびキリスト教から断食の習慣を受け継いだ。ラマダンは30日間で、夜明けから日暮れまで食べることを禁じられている。

|

« ヴェネツィア市長選、ブルネッタ敗れる | トップページ | 増加するイタリアの軍事輸出 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カトリックと断食:

« ヴェネツィア市長選、ブルネッタ敗れる | トップページ | 増加するイタリアの軍事輸出 »