« 2009年、38万人失業者増加 | トップページ | イタリア夏時間に »

2010年4月 3日 (土)

職人は人手不足

0000841700000001
2009年は2万3000人の職場で、職人のポストが空いていた(3月26日、Corriere della Sera).

2009年、イタリア全体では、38万人の職場が失われ、失業率は7,8%に達したが、一方で、職人を使う会社は、人手不足を解消できなかった。空きのポストが2万3470人分も発生しているのである。

ただし足りないのは有資格者である。仕立屋、靴職人、家具職人(指物師)など足りない職種はたくさんある。

州別に見ると、もっとも人手不足の州を5つあげると
バジリカータ 募集1320 不足470  不足率35,6%
フリウリ     1970   660     33,5%
ヴェネト     8560   2820    32,9%
トスカーナ    5520   1810    32,8%
ウンブリア    2080   650     31,3%

相対的にもっとも人手が足りている州5つは、
サルデーニャ   3790   750     19,8%
プーリア     7720   1290    16,7%
シチリア     8690   1420    16,3%
カンパーニャ   7310   1150    15,7%
モリーゼ     1090   170     15,6%
となっている。


|

« 2009年、38万人失業者増加 | トップページ | イタリア夏時間に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/47982436

この記事へのトラックバック一覧です: 職人は人手不足:

« 2009年、38万人失業者増加 | トップページ | イタリア夏時間に »