« エマヌエーレ・ピレッラ、亡くなる | トップページ | 職人は人手不足 »

2010年4月 2日 (金)

2009年、38万人失業者増加

Phpthumb_generated_thumbnailjpg
2009年は、失業者が38人増加した(3月25日、Corriere della Sera).

この数字は、1995年以来最悪のものである。

Istat によると、失業率は、2008年平均の6,8%から2009年平均は7,8%へと上昇した。

2009年第四四半期の失業者数(求職者数)は、214万4650人である。

しかし、この数字には、一時的にレイオフされて、給与補填基金(cassa integrazione)から収入を得ている50万人が含まれていない。

そのため、イタリアの失業率7,8%は、ユーロ圏平均の9,4%よりは良い数字であるが、上記のことを考慮にいれる必要がある。


|

« エマヌエーレ・ピレッラ、亡くなる | トップページ | 職人は人手不足 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/47971896

この記事へのトラックバック一覧です: 2009年、38万人失業者増加:

« エマヌエーレ・ピレッラ、亡くなる | トップページ | 職人は人手不足 »