« ベルルスコーニ捜査を受ける | トップページ | 宗教セクトの被害者、約150万人 »

2010年3月24日 (水)

高校改革

2989088395_252e1a8de8_b
高校の改革案が明らかになった(3月16日、Corriere della Sera).

2008ー09年に高校に登録した生徒は、97万人。新しい教育課程では、396あった高校の分野(indirizzi)が大幅に整理され、6種類の高校となる。

6種類とは、Liceo Classico (文系高校)、Liceo Scientifico(理系高校)、Liceo Linguistico (言語系高校)、Liceo Artistico (芸術系高校)、Liceo Musicale e coreutico (音楽および舞踏高校)、Liceo Delle scienze umane (人文学系高校)である。

芸術芸高校は6つの分野があり、(1)美術、(2)建築および環境、(3)オーディオヴィジュアルおよびマルチメディア、(4)デザイン、(5)グラフィック・アート、(6)舞台美術、である。

また、一週間の時間数もこれまでは、文系高校は27から29時間、理系高校は25から30時間、言語系は28+2時間がオプション、芸術系は39から44時間であったが、今後は、最初の2年が27時間で統一、後半の3年が30時間で統一となる。ただし、文系高校は外国語強化のため31時間を予定し、芸術系高校は35時間まで、音楽・舞踏高校は32時間までが実習のため予定されている。

新教育課程では、歴史は、第一次大戦から始めて、ベルリンの壁崩壊やタンジェントポリ(汚職疑惑)まで教える。かつては、せいぜい第二次大戦後までで終わっていた。

数学に関しては、確率や、情報機器の扱いを増やす。

|

« ベルルスコーニ捜査を受ける | トップページ | 宗教セクトの被害者、約150万人 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/47900534

この記事へのトラックバック一覧です: 高校改革:

« ベルルスコーニ捜査を受ける | トップページ | 宗教セクトの被害者、約150万人 »