« ベルルスコーニ、与党を叱る | トップページ | フィアット、3万人をレイオフ »

2010年3月 1日 (月)

パルマ・ブカレッリの伝記

Palmabucarelli782732_2
絵画の女王と呼ばれたパルマ・ブカレッリの伝記が出版された(2月22日、Corriere della Sera).

著者は、ラケーレ・フェッラリオ。『絵画の女王』(Regina dei Quadri, 344 ページ、20ユーロ、モンダドーリ)というタイトルである。彼女は、ローマの国立近代美術館の有名な館長であった。

パルマ・ブカレッリ(1910−1998)は、3月16日に生誕100年をむかえる。

彼女がローマへ出てきたのはファシズムの時代1938年で、当時教育省だったジュゼッペ・ボッタイが招きよせた。

彼女は、戦争中やドイツ軍によるローマ占拠の時に、サンタンジェロ城の地下に芸術作品を避難させた。

彼女の美しさは名高く、詩人のウンガレッティは、シャム猫のように美しいと描写し、彼女と長い間関係をもったパオロ・モネッリは嫉妬に悩まされた。共産党員の美術批評家ジュリオ・カルロ・アルガンも秘密の関係を持ったが同様に嫉妬に苦しんだ。

彼女は、現代美術の収集に積極的であったが、敵も多く、ペギー・グッゲンハイムやデ・キリコ、フェデリコ・ゼーリがその中には含まれていた。

|

« ベルルスコーニ、与党を叱る | トップページ | フィアット、3万人をレイオフ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/47698093

この記事へのトラックバック一覧です: パルマ・ブカレッリの伝記:

« ベルルスコーニ、与党を叱る | トップページ | フィアット、3万人をレイオフ »