« ボチェッリ、名声の歩道いり | トップページ | ナポリターノ大統領の苦衷 »

2010年3月12日 (金)

婦人警官50年

0511_vigilesse
婦人警官が誕生して50年になる(3月6日、Corriere della Sera).

イタリアでは、女性が警察官になるようになったのは、1960年のことだった。女性の警官は、現在1万4862人。1990年には、6791人であったから、20年間で118%の増加である。

男性の警官は、1990年には、8万4000人で、2010年には8万9000人なので、5,9%の増加である。

階級別に割合を見てみると

巡査部長または警官(Assistenti e agenti)
女性 70,7%
男性 62,5%

学生(警察学校か?)
女性 1%
男性 2,3%

巡査長(sovrintendenti)
女性 5,4%
男性 15,9%

警部(ispettori)
女性 15,9%
男性 16,9%

警察分署長(commissari)
女性 6,1%
男性 1,8%

連隊長以上(dirigenti)
女性 0,9%
男性 0,7%

となっている。

また、女性の警官の戸籍上の身分は、
既婚 7821人
未婚 5017人
未亡人 106人
別居 1215人
離婚 703人
である。

子供の数は、
1人  3783人
2人  4639人
3人  851人
4人  92人
5人  12人
6人  3人
7人  2人
となっている。

勤務別に見ると
南部および島嶼部 4305人
北部       5095人
中部       5462人
である。


|

« ボチェッリ、名声の歩道いり | トップページ | ナポリターノ大統領の苦衷 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/47795070

この記事へのトラックバック一覧です: 婦人警官50年:

« ボチェッリ、名声の歩道いり | トップページ | ナポリターノ大統領の苦衷 »