« イタリア、寒気いすわる | トップページ | ホロコーストとピオ12世 »

2010年2月 7日 (日)

教皇、フィアットとアルコアに職を守るよう呼びかけ

Alcoa教皇ベネデット16世は、夕べの祈りの後、フィアットやアルコアに、労働者の雇用を守るよう呼びかけた(2月1日、Corriere della Sera).

教皇は、あらゆる人に責任感が必要だと説いた。企業家、労働者、政治家すべてである。教皇は、具体的には、フィアット社のテルミニ・イメレーゼ工場、アルコア社のポルトヴェスメ工場の名をあげた。

労働組合はこのコメントを歓迎している。

フィアットのテルミニ・イメレーゼ工場では、1300人が働いているが、2011年までに自動車の製造をやめる計画である。

アルコアは、アルミニウムを製造する多国籍企業だ。アメリカのピッツバーグに本社があり、6万3000人の従業員がいる。昨年11月20日に、イタリア工場を閉鎖すると決定した。2000人の従業員が関わっている。

|

« イタリア、寒気いすわる | トップページ | ホロコーストとピオ12世 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/47492504

この記事へのトラックバック一覧です: 教皇、フィアットとアルコアに職を守るよう呼びかけ:

« イタリア、寒気いすわる | トップページ | ホロコーストとピオ12世 »