« ミラノ、日曜は8時間自動車いれず | トップページ | ベネデット16世:教皇庁控訴院での結婚解消が多すぎると批判 »

2010年2月 5日 (金)

《マッキアイオーリ》展

Photo 《マッキアイオーリ》展を観た(東京都庭園美術館、3月14日まで)。

副題には、イタリアの印象派とある。また、英語のタイトルには The Macchiaioli, Italian Masters of Realism とある。マッキアとは染みのことで、色の染みで絵を描いたようだという悪口だったのがあるグループの名前になったのは、フランスの印象派と同じである。

しかし、グループの活動時期はフランスの印象派よりも早く、1856年にフィレンツェのカフェ・ミケランジェロで結成されている。

そのためもあって、今から観ると画風はオーソドックスに見えるが、当時は、リソルジメントの時代で、彼らは、新しい美術、新たな国民美術様式の確立を目指していたらしい。

当時のイタリアはいくつかの国に分かれていたわけだが、それぞれの国のアカデミーは保守的であったのに対し、彼らは戸外の風景を描き、絵画の中に光りを取り入れたのである。

初期には歴史画もあるが、途中からトスカーナ地方の田園風景、牛がいたり、農婦がいたりといった絵画が増える。

ジョヴァンニ・ファットーリが中ではもっとも知られているかもしれない。

マッキアイオーリの展覧会は、1979年にも伊勢丹美術館で開かれていたのだが、まったく知らなかった。

|

« ミラノ、日曜は8時間自動車いれず | トップページ | ベネデット16世:教皇庁控訴院での結婚解消が多すぎると批判 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/47485222

この記事へのトラックバック一覧です: 《マッキアイオーリ》展:

« ミラノ、日曜は8時間自動車いれず | トップページ | ベネデット16世:教皇庁控訴院での結婚解消が多すぎると批判 »