« CD《椿姫》 | トップページ | ベルトラーゾ長官、取り調べを受ける »

2010年2月18日 (木)

チャンチミーノ:フォルツァ・イタリアは、マフィアとの妥協から生まれた

Ciancimino03g
チャンチミーノ・ジュニアは、政党フォルツァ・イタリアが国家とマフィアの妥協から生まれたと告発した(2月9日、Corriere della Sera).

裁判の中でマッシモ・チャンチミーノが述べたものだが、チャンチミーノの父はパレルモの市長だった。
このパレルモ市長は、キリスト教民主党系であったが、マフィアの匂いのする市長でもあった。

息子のマッシモ・チャンチミーノによると、市長は、1994年にマフィアの親分プロヴェンツァーノから手紙を受け取った。その中で、彼は、ベルルスコーニに「事件」が起こりかねないと脅迫していた。

彼らは、ベルルスコーニの数あるテレビ局のうちの一局を使わせるよう要求した。

ベルルスコーニが彼らとの約束を守らなければ、フォルツァ・イタリア党の誕生の秘密をばらすとしていた。

|

« CD《椿姫》 | トップページ | ベルトラーゾ長官、取り調べを受ける »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/47596246

この記事へのトラックバック一覧です: チャンチミーノ:フォルツァ・イタリアは、マフィアとの妥協から生まれた:

« CD《椿姫》 | トップページ | ベルトラーゾ長官、取り調べを受ける »