« サンタントニオの遺骸、公開 | トップページ | イタリア高速鉄道、時間によって料金が変わる »

2010年2月24日 (水)

別居は北高南低

Divorzio190x130法務省の統計で、イタリアでの別居や離婚の申請は、北部が多く、南部が少ないことがわかった(2月16日、Corriere della Sera).

法務省の2009年第一4半期の統計によると、イタリアでもっとも高い別居申請があるのは、ピエモンテ州で(統計はヴァッレ・ダオスタ州と一緒になっている)、1000組あたり418組となっている。

逆にもっとも少ないのはバジリカータ州で1000組あたり138組。シチリアを含む南部は低く、シチリア州223組、カンパーニャ州189組、カラーブリア州191組となっている。

離婚申請も同様の傾向を示している。

以下は州別の別居申請と離婚申請数(いずれも1000組あたりの数)

ピエモンテおよび   418(別居申請数)
ヴァッレ・ダオスタ州 341(離婚申請数)

フリウリ・ヴェネツィア・ジュリア 396
                   312

トレンティーノ・A・A          393  
               268

リグーリア         392
               366

ラツィオ          381
              256

エミリア・ロマーニャ   373
              313

ロンバルディア     358
              298

トスカーナ        324
              275

マルケ          305
              245

ヴェネト         302
              250

アブルッツォ      285
             195

ウンブリア       258
             198

モリーゼ        255
             153

サルデーニャ     225
             200

シチリア        223
             179

プーリア        217
             136

カラーブリア      191
             115

カンパーニャ     189
             145

バジリカータ     138
            105

イタリア全体     298
             234

となっている。

トリノ出身のコメディ女優ルチャーナ・リティゼットのおばあちゃんは、「カップルがうまくいくためにはニンニクをかんで甘いと言わなきゃいけないこともあるんだよ」と言い、ルチャーナは若い時にはそれをきいてぞっとしたが、今は、時にはそんな場合もあると考えるようになったという。

|

« サンタントニオの遺骸、公開 | トップページ | イタリア高速鉄道、時間によって料金が変わる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/47641976

この記事へのトラックバック一覧です: 別居は北高南低:

» 別居は北高南低 [離婚]
[続きを読む]

受信: 2010年2月24日 (水) 02時13分

« サンタントニオの遺骸、公開 | トップページ | イタリア高速鉄道、時間によって料金が変わる »