« ミラノ、移民の暴動 | トップページ | 別居は北高南低 »

2010年2月23日 (火)

サンタントニオの遺骸、公開

Santantoniopadova 聖アントニオの遺骸が、パドヴァで公開された(2月15日、Corriere della Sera).

サンタントニオは、1195年にリスボンで、貴族の両親から生まれた。洗礼を受けた時の名前はフェルディナンド。正式には、Ferdinando Martim de Bulhoes.

17歳でコインブラで人文学を学んだ。1220年、サンタ・クルスで叙階され聖職者となった。アントニオは、2つの別々の時期にパドヴァに滞在した。最初は1229年から1230年。1230年から1231年で、その年にアントニオは亡くなった。

サンタントニオはタウマトゥルゴ(Taumaturgo)という別称を持っているが、これは奇跡をおこなう人という意味である。民衆のレベルでは、亡くしものを見つけ出すのを助けてくれることになっている。

彼の死体は1263年4月8日に開けてみると、奇跡的に舌が腐っていなかった。1350年遺骸をCappella dell'Arcaにうつした。1981年、死後750年を記念して遺骸を公開した。静かに公開したが、二週間後には丸一晩待たねば見られぬほどに巡礼者が増えた。100万人が巡礼した。

パドヴァは巡礼地として巡礼者の数の点で第三位を、パードレ・ピオのサン・ジョヴァンニ・ロトンダと競っている。1位と2位は、ローマのサン・ピエトロとフランスのルルドである。

|

« ミラノ、移民の暴動 | トップページ | 別居は北高南低 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/47633604

この記事へのトラックバック一覧です: サンタントニオの遺骸、公開:

« ミラノ、移民の暴動 | トップページ | 別居は北高南低 »